ジシギが最高!

淡水池ハイド前の短く刈った草地にジシギが集まり出しました。ジシギの見分けはバーダーの中でも最難度の部類ですが、ハイド前は双眼鏡でドアップで観察できます。9月上旬から中旬までは楽しめる可能性があります。

とにかく、そっとハイドに入り、4番のまどをゆっくり静かにあけて観察してください。何もいないように見えて草地に隠れてますのでとにかくジシギが動き出すまで我慢ですね。

写真は、オオジシギ、タシギ、3枚目はオオジシギのように見えますが、決めきれないジシギで現在検討中です。ジシギ観察は、淡水池ハイドが最高です。



野付半島野鳥観察舎情報サイト

野付半島にある野鳥観察舎(ハイド)から観察できる野鳥を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000