猛禽続々渡来

カモ類の数が一気に増え、それに伴い淡水池ハイドで観察できる猛禽類も増えてきました。9月30日に確認できた猛禽類は、ハヤブサ若1、チュウヒ2(黒褐色と頭部から胸が淡褐色)、コチョウゲンボウ2♀タイプか幼鳥、オジロワシ、トビの5種です。

チュウヒは3羽でバトルしていました。また、カモ類を捕食した新鮮な残骸もありましたのでハンティングに出会えるかもしれません。


写真は、上からハヤブサ、ハヤブサとチュウヒ2羽、逃げ惑うカモ、コチョウゲンボウ2羽です。

data :  EOS 7D 2    EF 500 F4 L  IS

野付半島野鳥観察舎情報サイト

野付半島にある野鳥観察舎(ハイド)から観察できる野鳥を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000