ツメナガホオジロ

ツメナガホオジロ(Lapland Longspur)がまた姿を見せ始めました。しかも、♂の冬羽から少し夏羽がかったとても美しい個体です。数はオスメス合わせて5~7羽程います。どこにいるのかは、その日の状況で変りますので自分で探すしかありませんが、ナラワラ~竜神崎までの外海側の雪の少ない砂浜や裸地、草丈の短い草地をゆっくり探してください。あとは運次第です。もし見つけても、道路沿いを離れて接近するとすぐに逃げてしまいますので、ストレスを与えない観察をお願いします。折角また戻って来てくれたので春まで大事に観察したいものです。ネイチャーセンターでは越冬する小鳥を守る為にツメナガホオジロについての観察場所に関する具体的な情報は開示しておりません。ご理解ください。


野付半島野鳥観察舎情報サイト

野付半島にある野鳥観察舎(ハイド)から観察できる野鳥を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000